建物はバランスが大事に

2021.08.19

いえとち本舗福井 スタッフ

建物はバランスが大事に

今日は、建物のバランスについてお話します。

熊本地震より直下率の数値が建物の耐震性に大きく影響することが

分かってきました。

2000年基準の1.25倍の強度を持つ絶対に倒壊しないと思われていた

耐震等級2の住宅も倒壊していました((+_+))

原因を探ると、直下率の低さが有力な原因の一つではないかと思われる

という見解が出されています。

直下率は、1階と2階がつながっている柱や耐力壁の割合のことです。

構造的なバランスを評価する重要な指標となっています。

倒壊した住宅の壁量は耐震等級2の必要量を満たしていましたが、

柱の直下率が47.5%(適正直下率60%以上)耐力壁が17.8%(適正直下率50%以上)

の特に耐力壁の直下率が小さいプランとなっていたようです。

では、いえとち本舗福井のプランはどうでしょうか。

もちろん全てのプランで直下率60%を超えています(^^)/

安心、安全の為にはバランスが重要という事ですね。

ではまた|д゚)